やくしん 2018年4月号

定価300円

注文フォーム

やくしん 2018年4月号

開祖さま ご法話
「他を知り、自己を知る」
会長先生 法話録
 「礼に始まる」
※会長先生のご指導のエッセンスを
  法話録として掲載します。

 

特集  一歩、前へ
──多様な世界を観じる──

世界は多様で、十人十色です。
一人ひとり、みんな個性があって、それぞれに魅力があるのに、どうして私たち人間は、人種や国籍、職業や肩書きなどでグループ分けをして差別や区別をしてしまうのでしょう。
自分と他者との間に生まれる壁の要因はどこにあるのか、多様な社会で共に生きるヒントを探ります。

  • ◆多様性社会で生まれる
       《見えない線》を消すために
      開沼博(社会学者)
  • ◆和毅君は普通学級へ。
       そこは特別ではない、自然な人間関係
      平田江津子(旭川教会)
  • ◆体験 苦しみのなかから見いだした、
        なりたい私を目指して
      浮田侑香(朝霞教会)
         ・かみしめ 田代耕一(朝霞教会長)
  • ◆体験 気を出して思いを伝え、
        やるべきことに取り組んで
       天野貴世(大月教会)
       ・かみしめ 松本圭司(大月教会長)
  • ◆心が落ち着いていると、 相手の立場で
        ものを考えやすくなります
         川上全龍 (臨済宗大本山妙心寺塔頭春光院
          副住職)

 

次代会長対談企画──三千のトビラ

創意工夫の思いやりの美(後編)





小堀宗実さん(遠州茶道宗家十三世家元)

 

連載企画