やくしん 2018年 3月号

定価300円

注文フォーム

やくしん 2018年 3月号

開祖さま ご法話 
「佼成会が歩んできた道」

教団創立80周年特集
 救い救われをつらぬいて

3月5日、本会は創立80周年を迎えます。
会員たちの一途な菩薩行によってこれまで多くの人たちが救われ、その喜びがまた人を救う力ともなりました。
その「救い救われ」の輪こそ、佼成会が大事にしてきたものであり、これからも変わることのない大切なテーマです。
80周年の節目にあたり、あらためて本会の「救い救われ」の歩みを振り返ります。

  • ◆会長先生ご法話
     「一人が一人を導く」
    ◆方便教化の時代
     ・松本安代(富士宮教会)・内田昌孝(元教団理事長)・庭野開祖法話
    ◆真実顕現の時代 
    ・川元敬予(足立教会)・酒井教雄(元教団理事長)・庭野開祖法話
    ◆普門示現の時代 
    ・三善規雄(門司教会)・山野井克典(元教団理事長)・庭野開祖法話
    ◆一人ひとりの心田を耕す
    ・納谷裕子(取手教会)・渡邊恭位(前教団理事長)・庭野会長法話
    ◆これからの未来に向けて 
    ―― 私の決意  杉興市郎(横浜教会)
    ◆80年を振り返る
     川端健之(立正佼成会理事長)

 

次代会長対談企画──三千のトビラ

創意工夫の思いやりの美(前編)



 小堀宗実さん(遠州茶道宗家十三世家元)

 

連載企画