新刊
近刊

超訳こころの禅語

悩みを解決する智慧の言葉50選

超訳こころの禅語
著者 村越 英裕
ジャンル 仏教・宗教書/一般書 > 仏教・宗教書
出版年月日 2018/11/15
ISBN 9784333027910
判型・ページ数 4-6・228ページ
定価 本体1,500円+税

この本に関するお問い合わせ・感想

現代を生きるための便利なツール「禅宗流五つの心のプログラム」(1、止まる 2、捨てる 3、シンプルにする 4、見方を変える 5、徹する)で、生き方がちょっと変わります。身体と心と呼吸を整え、パワーをチャージしませんか。

【編集者コメント】
堅苦しい、意味不明、難解という印象のある「禅語」。工夫して細切れにして、味付けを変えれば身近で、とてもおもしろくて役に立ちます。
はじめに
第1章 明日、仕事に行きたくないあなたへ   
前に進むために止まる 「無」
いやなことは正しく苦しむ 「四苦八苦」
仕事に行きたくない理由を書いて吐き出す 「遍界、曾て蔵さず」
職場はあなたの大切な修行道場 「歩歩是道場」
失敗に気づかないと成長しない 「明珠掌に在り」
工夫はしっかり困らないと思いつかない 「工夫」
ライバルは敵ではない 「本来無一物」
とてもいやなことはあなたを大きく成長させる 「菩薩権化の大慈悲」
あなたの人生のヒーローはあなたしかいない 「主人公」
努力することが生き方を輝かせる 「常に一直心を行う」

第2章 子育てに行き詰まったあなたへ       
行き詰まりを楽しみに変える「あいうえお」 「遊戯三昧」
そもそもあなたも子供だった 「潜行密用は、愚の如く」
一度、子供を怒ったときの顔を鏡で見てみる 「和顔愛語」
マニュアル本は一度、読んだら捨てる 「規矩行い尽くべからず」
なんでも比べる症候群 「無分別」
子供の「好き」を広げる 「一円相」
宿題「子育て日記」を書いてみる 「老婆親切」
「親の心子知らず」でいい 「卆啄同時」
子供の未来にしがみつかない 「無功徳」
子供は親の口ではなく背中を見て育つ 「両鏡相い照らす」

第3章 新しい恋に踏み出せないあなたへ      
自分で自分を縛らない 「無縄自縛」
失恋話に花を咲かせて散らす 「莫妄想」
恋の一休み「あいうえお」 「一休」
イケメンに左右されない  「花枝に自ずから短長あり」
「恋愛スイッチ」をオンにし、オヤジ化症候群ストップ「道心」
素敵な「片思い」をしてみる 「一切唯心造」
恋からはじまらない恋もある 「無心」
恋の足元作戦 「看脚下」
自分を磨かないと「素敵な人」にならない「性根玉を磨け」
あれこれ考えない 「南無釈迦じゃ娑婆じゃ地獄じゃ苦じゃ楽じゃどうじゃこうじゃというが愚かじゃ」

第4章 友人やパートナーと喧嘩中のあなたへ    
喧嘩はお互いが感じる温度差から起こる 「冷暖自知」
人はそれぞれ異なるバロメーターを持っている 「非風非幡」
人間関係を捨てて問題と向かい合う 「自他不二」
「長いものに巻かれておく」作戦 「非忍を忍ぶ」
混ぜると危険な「無視する人」と「無視される人」 「平常心」
「仲直りしない」解決方法 「一隻眼」
恋のライバル対決作戦 「牛飲水成乳 蛇飲水成毒」
お金の貸し借りで失った心は返ってこない 「吾唯足るを知る」
友人やパートナーの訃報を考えてみる 「散る桜 残る桜も散る桜」
喧嘩相手の話を聞き続ける 「閑坐聴松風」

第5章 生きがいが見つからないあなたに      
今、ご臨終です。やり残したことをメモしましょう 「無常迅速 時人を待たず」
「生きがい」とは人生のテーマ探し 「門を開けば福寿多し」
生きがい探しの「あいうえお」 「無尽蔵」
小さなことの持続は大きな力 「少水の常に流れて、石を穿つが如し」
一つに徹すると道はどこまでもある 「万里一条の鉄」
「今、心が感じる幸せ」を「生きがい」にする 「日々是れ好日」
月の中に住んでみる 「雪月花」
仏教は人生のバックボーン 「大疑団」
雲のごとく水のごとく「生きがい」を求める 「行雲流水」
他の人の笑顔をそのまま自分の「生きがい」にする 「障子の糊」
おわりに

ご注文

1,500円+税

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ書籍

お知らせ

一覧