新刊
近刊

私は、看取り士。わがままな最期を支えます

私は、看取り士。わがままな最期を支えます
著者 柴田 久美子
ジャンル 仏教・宗教書/一般書 > 一般書
出版年月日 2018/09/30
ISBN 9784333027859
判型・ページ数 新書・296ページ
定価 本体1,400円+税

この本に関するお問い合わせ・感想

看取り士(みとりし)――逝く人の最期に寄り添い、見送る人。また、家族だけでの看取りをサポートする人のことをいう。本書は、25年ものあいだ、生と死に向き合い続けた看取り士・柴田久美子のエッセー。
日本人のおよそ8割が病院で最期を迎える一方で、その約5割が「自宅で最期を迎えたい」と願っているといわれる。しかし、自宅で看取る文化が薄くなった現代社会では、看護・介護する側がその望みを叶えてあげたくても難しい事情があるのが現実だ。こうした状況から、著者は「尊厳ある最期が守られる社会を創りたい」と願い、自らを「看取り士」と名乗った。
200人以上のケースをもとに、看取りの際の心構えや実際の触れ合い方に加え、エンディングノートの活用の仕方、旅立つ人から魂(いのち)を引き継ぐ大切さなどを紹介。厚生労働省が在宅医療・介護への方針転換を始めた今、自らの、そして大切な人のQuality of Death(QOD/死の質)を考え、より良い人生、より良い最期を送るための手引書となる。
巻末には、医師・鎌田實氏(諏訪中央病院名誉院長)との対談を収録。看取り士の誕生秘話をはじめ、死に対する二人の考え、地域包括ケアという共通の夢について語り合う。
○まえがき 看取りはいのちのバトンの受け渡し なぜ今「看取り士」が必要なのか
○第1章 抱いて〝看取る〟ということ
死は怖いものでも忌み嫌うものでもない/人間は死んだら「愛」になる/幸せな最期の三つの条件/死を前にして感じる四つの苦しみ/幸齢者さまの孤独/看取りの作法/看取りの際の「四つの質問」/大丈夫と声をかける――「大丈夫」の言葉の二つの意味/旅立つ人と呼吸を共有する/看取りの姿勢 他
○第2章 看取りはグリーフケア
グリーフケアは肉体があるうちに/最期の瞬間に間に合わなかったと悔やむ「臨終コンプレックス」/「看取り直し」で気持ちを整理する/自死でもお迎えは来ている/看取りは〝許し〟を生む/生きている間に行うグリーフケア「胎内体感」/死後に行う法要の意味 他
○第3章 〝最期〟は本人が自分でプロデュースする
逝く人は待ってくれる/「もういいよ、ありがとう」/看取りの事例 その1 雪乃さんの場合/人間の尊厳とは?/医療者が壁やハードルになってしまう場合/医師の事情――戸惑う医師たち/現場で悩むナイチンゲール/男性介護者は敗者か? 他
○第4章 最期くらいはわがままでいい
自分のことだもの、わがままになっていい/「プリンが食べたい」/エンディングノートは家族とのすり合わせが大切/希望はいのちを支える/子と祖母を一緒に看る女性/最期の後始末/今後ますます増える「おひとりさま」/変わりつつある医療の現場 他
○第5章 対談 柴田久美子 × 鎌田實
「看取り士って何?」/「看取り士」誕生秘話/死は怖くない/死は敗北なのか/多死社会の問題点/夢の実現を目指して――理想の地域包括ケア/迫力があるねー
○あとがき 尊厳ある最期が守られる社会を目指して

ご注文

1,400円+税

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ書籍

お知らせ

一覧