菩提の萌を発さしむ

菩提の萌を発さしむ
著者 庭野 日敬
ジャンル 仏教・宗教書/一般書 > 仏教・宗教書
出版年月日 2018/04/08
ISBN 9784333006793
判型・ページ数 4-6・272ページ
定価 本体1,600円+税

この本に関するお問い合わせ・感想

立正佼成会の開祖・庭野日敬が晩年に語った法話を初めて編纂した法話集。
シリーズ第1巻には、法華三部経の経文や、庭野開祖自身が影響を受けた人々とのエピソードに触れながら、一人ひとりが菩薩の心に目覚めて仏道を歩む大切さ、人の幸せを願い自ら縁を結び、互いの仏性を輝かせる生き方を説いた法話がまとめられている。加えて、競争や争いの絶えない現代社会の中で、調和を生み出す菩薩の姿勢、信仰者としての精進のありようが示されている。カラー口絵付き。書名の「菩提の萌を発さしむ」は無量義経徳行品にある一節。

「一人でも多くの人に、法華経に示された人間の生き方を知ってもらい、本当の幸せを自分のものにしていただきたい」。立正佼成会の開祖・庭野日敬はこのような願いで立正佼成会を創立し、以来、法華経の流布に努めつつ、世界で平和活動に取り組みました。
さまざまな師との出会いや、出来事など自身の原点とも言えるエピソードを述懐しながら、「人間の生き方」を示してきた庭野開祖。長年にわたる法話の中で、平成に語られた晩年のものを、初めて本書にまとめました。
人を幸せにしたいと願う気持ちが出発点――。人として心に留めておきたい智慧、幸せに生きるためのエッセンスが詰まった本書に、ぜひ触れていただきたいと思います。
○第一章 私の「発」
願いをもって生きる/仏になるために生まれてきた/すべてが仏という世界/私がここにいるのは/人に説いて自分が悟る ほか

○第二章 人とつながるために
嫌いな人を好きになる/仏さまのような気持ちで/仏さまのご恩に報いる/人をはぐくむ喜び/仏さまの衣を着る ほか

○第三章 動けば結ばれる
動くほど「因縁」が結ばれる/縁を大切にする/世世に仏に値いたてまつる/まず人さま/縁を生かす ほか

○第四章 菩薩が求められている
一人ひとりが菩薩として/布施のできる喜び/持戒の人は心さわやか/柔和な心を保つ/休まず、怠らず ほか

ご注文

1,600円+税

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ書籍

お知らせ

一覧