新刊

東北アジア平和共同体の構築と課題 「IPCR国際セミナー2015・2016」からの提言

東北アジア平和共同体の構築と課題 「IPCR国際セミナー2015・2016」からの提言
著者 世界宗教者平和会議日本委員会
山本 俊正
金 永完 監訳
ジャンル 仏教・宗教書/一般書 > 一般書
出版年月日 2017/07/15
ISBN 9784333027620
判型・ページ数 新書・344ページ
定価 本体900円+税

この本に関するお問い合わせ・感想

宗教の視点から「東北アジア平和共同体」構想の可能性について議論したシンポジウム(韓国宗教平和国際事業団:IPCR主催。2015年11月ソウル、2016年9月横浜開催の2回分)の記録。日本・韓国・中国の宗教者や研究者、計28名の報告を収載する。朝鮮半島情勢や安保法制、ヘイトスピーチなどの時事問題が取り上げられるとともに、「机上の平和論ではなく、人と人との関係性の中で平和の構築を考えよう」といった意見も提示され、東北アジア地域の平和と和解を実現させるために宗教者が担う役割についての示唆を与えてくれる一冊。

■編集者コメント
 その時々の政治的関係や国民感情などとは一線を画し、「IPCR国際セミナー」では2010年の開始以来、毎年、日本・中国・韓国の3国の宗教者が集まって「東北アジア平和共同体」の構築へ向けた議論を行っています。2017年も韓国・プサンで開催されました。
 宗教者とはいえ、いわゆる政治的な判断や学問上の事実・真実などについて、その意義や価値を認めています。ただ、宗教者はこれらとは違う視点からも物事を捉えます。それは〈自己は他者であり、他者は自己である〉という見方です。
 一見すれば「矛盾するもの」でしかないこの見方を、宗教や宗教者はどのように理解し、どのように解釈して用いているのでしょうか。そして、この見方が東北アジア地域の平和へと、どのように結びついていくのでしょうか。その答えを、本書(および既刊の「IPCR国際セミナー」報告書)は教えてくれます。
はじめに…………山本俊正

【IPCR 2015年】

基調講演
平和共同体の実現のための宗教者の役割…………朴 光洙

第一セッション 朝鮮半島の統一のための宗教者の協力方案(韓国)
東アジアの情勢と朝鮮半島の平和…………金 昌洙
「東アジアの情勢と朝鮮半島の平和」へのコメント…………馬 玉祥
「東アジアの情勢と朝鮮半島の平和」への応答コメント…………山本俊正
「東アジアの情勢と朝鮮半島の平和」に対する討論…………伸 益常

第二セッション 平和共同体構築のための宗教者の役割(中国)
道教の東北アジア平和共同体で演じる役割について…………張 金濤
平和擁護における宗教界の役割について…………釈 妙江
東アジアに通底する“万物共生思想”の提唱――地球環境危機への宗教者の役割――…………薗田稔
「道教の東北アジア平和共同体で演じる役割について」に対する討論…………朴 炫度

第三セッション 平和共同体構築のための宗教者の役割とヘイトスピーチ問題(日本)
日本におけるヘイトスピーチの現状と課題…………眞田芳憲
ヘイトスピーチと宗教者の在り方…………中野重哉
「日本におけるヘイトスピーチの現状と課題」に対する討論…………朴 昌鉉
「日本におけるヘイトスピーチの現状と課題」に対する討論…………趙 徳常

特別セッション ACRPにおける日韓中三国の重要性

ACRPにとっての中・日・韓三国の重要な役割…………畠山友利
「ACRPにとっての中・日・韓三国の重要な役割」へのコメント…………國富敬二

【IPCR 2016年】

基調講演
平和共同体の構築に向けて――人と人との関わりから――…………植松 誠

第一セッション 朝鮮半島における紛争解決――宗教者の役割と責務
朝鮮半島における危機の解消と南北朝鮮関係の転換のために…………李 承煥
「朝鮮半島における危機の解消と南北朝鮮関係の転換のために」への討論…………張 風雷
「朝鮮半島における危機の解消と南北朝鮮関係の転換のために」への応答と一考察…………山本俊正
東北アジア平和共同体と宗教者の役割…………林 炯眞

第二セッション 和解のためのプロセスとメカニズム
和解のためのプロセスとメカニズム…………松井ケティ
「和解のためのプロセスとメカニズム」を読んで…………正覚
「和解のためのプロセスとメカニズム」に対する討論…………林 曼紅
「和解のためのプロセスとメカニズム」を学んで…………平野京子

ACRPセッション ACRPにおける日本・中国・韓国の役割
ACRPにとっての中・日・韓三国の重要な役割…………畠山友利
「ACRPにとっての中・日・韓三国の重要な役割」に対する論評…………金 光俊
「ACRPにとっての中・日・韓三国の重要な役割」に対するCCRPのコメント…………演覚
「ACRPにとっての中・日・韓三国の重要な役割」へのコメント…………國富敬二

第三セッション 人と人とのつながりと平和共同体
皆の心を繋げて、運命を分かち合い、共に平和な共同体を建設しましょう…………雷 世銀
東北アジア平和共同体構築のための課題――人と人とのつながりと平和共同体――…………村上泰教
「皆の心を繋げて、運命を分かち合い、共に平和な共同体を建設しましょう」に対するコメント…………呉 秉斗
「皆の心を繋げて、運命を分かち合い、共に平和な共同体を建設しましょう」についての討論…………張 風雷

ご注文

900円+税

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ書籍

お知らせ

一覧