世界宗教者平和会議日本委員会

名前 世界宗教者平和会議日本委員会
カナ セカイシュウキョウシャヘイワカイギニホンイインカイ

プロフィール

(World Conference of Religions for Peace Japan:WCRP Japan)  世界宗教者平和会議(WCRP、またReligions for Peacetとも略称する)とは、1970年に設立された宗教者による国際組織。国連経済社会理事会に属し、総合協議資格を有する非政府組織(NGO)である。その理念は、世界の宗教者が手を取り合い、世界の人々が民族・伝統・考え方・意見等々あらゆるものの違いを認め合い、尊重しながら、平和に生きていける社会を実現しようとするというものである。現在WCRPは、国際委員会をニューヨークに、さらに約90カ国に国内委員会があり、宗教や宗派を超えて平和実現のために協力する世界的なネットワークが構築されている。  日本におけるWCRPの国内委員会が「WCRP日本委員会」である。同日本委員会は、1972年に財団法人日本宗教連盟の国際問題委員会を母体として発足した。その具体的な活動は、国内のみならずアジア地域において、紛争地の難民支援・人権活動の支援・紛争和解の支援・紛争後の教育や開発の支援・自然災害時の緊急支援等々を行なっている。また、国連やユニセフなどの国際機関との協力体制づくりを進めるとともに、WCRP国際委員会と連携しつつ独自の平和活動を展開して今日に至る。