新しい本 すべてを見る

クイズでさがそう! 生きものたちのわすれもの (1)まち

監修・小宮輝之 編集:こどもくらぶ

小学校中学年から

2808円

足跡や食べ跡、ふんなどから、どんな生き物の忘れ物かを探検するシリーズの第1弾。町の中で見つかる忘れ物を通して、その忘れ物の「主」である昆虫や動物、鳥などの生態やそれらを取り巻く自然環境を、自ら楽しく学べます。写真満載で自由研究の題材として最適です。
 

トイレのてんしちゃん

作・苅田澄子 絵・おかべりか

3歳から

1404円

トイレの天使、トイレッタちゃんは、トイレが楽しい場所になるような魔法をかけてくれます。お花が好きな子には、お花いっぱいのトイレ。恐竜が好きな子には、恐竜とふれあえるトイレ……。でも、はりきりすぎて、いつもへんてこなトイレばかり。みんな落ち着いて用が足せません。がまんしないでトイレに行くことの大切さを伝える絵本です。

ぱーおーぽのうた

作・きくちちき

2歳から

1728円

のっちのっちと、小さなゾウくんが歩きはじめました。すると大きなゾウやキリンやガゼル、たくさんの虫たちも加わって、いつしかにぎやかな行進に! 力強く大地を踏みしめる足音と、生きものたちのよろこびの歌が響き合う絵本です。

まいごのアローおうちにかえる

作・竹下文子 絵・藤原ヒロコ

小学校低学年から

1296円

アローは、恐竜アロサウルス。ユウくんが誕生日プレゼントにもらった、小さなおもちゃの恐竜なのです。ある日、ユウくんと遊びに来た公園で、砂場にもぐって昼寝をしているうちに、辺りは暗くなり、アローはひとりぼっちに。ユウくんが待つ家に帰るため、アローは勇気を出して、夜の町を歩き出します。危なっかしいアローを見た町のネコたちが、家さがしに協力してくれて……。

どんどろめがね

作・はやしますみ

3歳から

1620円

山が大きな動物の背中に見えたこと、あるかな? 流れていく雲たちが動物の群れに見えたこと、あるよね? 自然が宿すもうひとつの姿を、はやしますみがオイルパステルでダイナミックに描き出す。目には見えない、でも確かにそこにある姿が、色が、魂が――そう、めがねをかけると見えてくる。

菌ちゃん野菜をつくろうよ!

文・あんずゆき

小学校中学年から

1404円

菌ちゃんって、なんだろう? ほんとうにいるのかな? ある小学校で行われた「菌ちゃん野菜づくり」は、そんな疑問いっぱいで始まりました。菌ちゃんとは、土の中にいる土壌微生物のこと。土に混ぜた生ごみを菌ちゃんが分解し、発酵熱で土がおふろのように温まることに、子どもたちはびっくり。さらに、菌ちゃんがたくさんいる土で育った野菜のおいしさに、またびっくり! 子どもたちが野菜づくりを通して、目に見えない微生物の存在に気づき、いのちの循環や健康の大切さを感じていくようすを紹介したノンフィクションです。